教育費が想定外にかさみ、急ぎでお金を借りたいと思った

息子の大学受験のとき、お金に困ったことがありました。私立大学を数校受験する予定で資金の準備をしていましたが、成績が悪く、また不安な気持ちも手伝って、予定よりかなり多くの学校を受験することになってしまい、受験料だけで20万円以上もかかってしまいました。

また、志望校の合格発表以前に合格した学校にも入学金を払わなくてはならなくなり、実際の入学校含め3校に入学金を払いました。そのため、受験用として貯めていた資金より、はるかに高額な費用がかかってしまいました。子の時は本当に急ぎでお金を借りたいと思いましたね・・・。

まずは、入学後の学費を想定して貯蓄していた分を、不足分に充当しました。それでも足りなかったので、最終的には、私の両親から援助をしてもらいました。そのおかげで知ることができたのですが、孫への教育資金の援助は、贈与税が非課税になります。思いがけず、結果的に将来の相続税を少しでも軽減することができました。

お金はかかりましたが、最終的に第一志望の大学に入学することができたという点で両親も喜んでくれ、また資金面で頼りにしたことも、両親にしてみれば悪い気持ちはしなかったようで、息子との距離も縮まり、いろいろな点でとても助かりました。親に頼るということをあまり好まずにやってきましたが、時と場合によっては、良い方向に転ぶこともあるものだなあと思いました。

現在も息子はその大学に通っていますが、留年が決まってしまって、また予定していたよりも多額の授業料が必要な状況になっています。現在のところ、学費は毎月の収入とボーナスから捻出できていますが、早く卒業してくれないと、今後私と主人が高齢になって収入が減少した場合のことや、また私たちの老後資金にも影響がでてしまうのではないかということが、不安になってきています。

子育てに限らず、人生にはいろいろと想定外のことが起きますが、教育費はそもそもの金額が大きいので、想定外の金額もかなりのものになります。少し考えが甘かったかもしれません。反省しています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です