自分磨き!

私の人生で一番大きな買い物は洋服と化粧品です。といっても高価なものではなくて、いつもより少しだけお洒落な服とドラッグストアで売っているごく普通のメイク用品です。

私が化粧をしてお洒落をしたのは七五三と成人式の時だけなのですごく勇気が要りました。多くの女性は、中学生や高校生で、遅くとも二十歳頃には身なりを整える術を身に付けますよね?

私はなぜか化粧やお洒落をする事がどうしても気恥ずかしく、またすごく面倒でずっと避けてきました。

では、なぜ今頃になって服や化粧品を買おうと思ったのかと言うと、去年のお正月に親戚の集まりに顔を出した事がきっかけでした。

見慣れた叔父さん叔母さんの顔が並ぶなか、何だか華やかな一角が。よく見ると年下の従妹達なのですが、みんなお年頃になり、揃いも揃ってお洒落なお嬢さんになっていたのです。

小さな頃から『お姉ちゃん、お姉ちゃん』と慕ってくれていた従妹達の成長に『わ!みんな綺麗!大人になったねー』と最初は呑気に喜んでいたのですが、なぜか話の流れは私へのダメ出しへ…..

『お姉ちゃん、化粧しなよ。』『いつもパーカーとジーパンだよね。』『アラサーでそれはヤバい。』『ダメだね!大人のマナーだよ』『だから結婚出来きないんだ。』と次から次に飛んでくる辛辣なダメ出しに完全にノックアウト。

厳しいダメ出しですが、確かに真っ当な意見だと思いましたし、何よりアラサーの私が一回り近く年下の従妹に説教されるという情けない状況のおかげで完全に目が覚めました。

せめて女子高生から心配されない程度の大人になろうと心に決めたのです。

まず、無難でちょっとお洒落な服を買いに行きました。当然、店員さんに声をかけられましたが『プレゼント用です』と嘘をつくことで恥ずかしさを紛らわしました。

さらに『よく服を借りるので私ぐらいの体格だと思います。』などと最もらしい嘘でピッタリサイズの服をゲットすることができました。

服を買うミッションが意外と余裕だったもので化粧品もなんとかなる!と根拠のない自信が湧いてしまい、前に友達の付き添いで行ったことのあるデパートの化粧品売り場まで向かう事にしました。

勇み立って向かいましたが、売り場に近づくにつれキラキラでお洒落な雰囲気に怖じ気付き、売り場の前まで来た時には、そこで化粧品を買うなどと無謀な挑戦はとっくに諦めて、始めから用事など無かったかのように足早に通りすぎました。

後日、ドラッグストアならどうにかと思い再挑戦です。
化粧品の棚が並ぶ通路をうろうろ。
人が立ち去るのを待ってコソッと棚に近づき恐る恐る商品を覗き込みました。

が、何が何だかサッパリで呆然と固まるしかありませんでした。
とりあえず見よう見まねで口紅やファンデーションのサンプルを手の甲に塗ってみたりしましたが、基準が分からないので良いのか悪いのか……
そうこうしている間に人が来て慌てて立ち去ってしまいました。

そんな風に『商品を眺める→人が来る→恥ずかしくて立ち去る』という行動を小一時間繰り返します。
完全に怪しい人ですよね。

今日は諦めて帰ろうと思っていたら化粧品コーナーの店員さんに『何かお探しですか?』と声をかけられました。
なぜか『しまったー!見つかったー!』と思い、かなり動揺してしまったのですが、しどろもどろに初心者である事を告げると、店員さんはおすすめの商品をいくつか持ってきて、丁寧に説明してくれました。

きちんと肌に合う色の物を真剣に選んでくれて、手書きで説明書まで作ってくれました。
その日は、おすすめされたCCクリームと口紅を買い帰ったのですが、この店員さんのおかげで化粧品を買うことに抵抗が少なくなったと思います。

あれから一年以上経ち、お洒落が得意になったわけではありませんが、今では従妹達にお説教を受けることもなくなりました。
近所のスーパーより遠いところに出かける時はなるべくきちんとした身なりで出るように気をつけています。

さらに自分の見た目が気になるようになってしまい、この間脱毛をしました。今回は脇だけにしましたが、もっとしたい箇所があるので通い続けたいです・・・!

※私が参考にしてる池袋の脱毛サロンをまとめたサイト・・・http://xn--ipwzk164ccxg.jp/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です